facebookページのタイムライン化。wellcomeページの代わりに出来ること。

 

「o(U・ω・)<facebookページのタイムライン化がやってきた!」(阿鼻叫喚)

2012年3月30日には全てのfacebookページがタイムライン化してしまうということで、
Facebookをプロモーションに利用ていた企業さん向けに色々とまとめてみようと思います。

 

◆変化後の外観とザザッと機能説明

(1) カバー写真(851×315ピクセル) ここが一番目立つ部分になります。
(2) プロフィール画像(180×180ピクセル)
(3) ページ・タイトル、いいね数、話題にしている人の数
(4) 基本情報
(5) 写真、いいね数、アプリを表示
(6) ピンボックス。7日間投稿を一番先頭に固定する事が出来ます。
(7) 友達の投稿が表示されます!!
(8) デフォルトは必ず「ハイライト」のタイムラインになります(固定)

簡単な機能はこれくらいです。知っておいて欲しい部分は太文字部分の機能になります。
以下順を追って説明します!

新Facebookページ紹介(英語) http://ads.ak.facebook.com/ads/FacebookAds/Pages_Product_Guide_022712.pdf

 

◆カバー写真

見て分かるとおり、ページ上部の多くのエリアを占めるビジュアルエリアとなっています。中々見栄えが良くなって素敵な感じですね。

ですが、タイムライン化によって多くの企業が導入していた、
wellcomeページのしかけは使えなくなくなってしまいます。

そのため「診断アプリ」やいいねを押した人だけに見せる「特別コンテンツ」なども同様に、
タイムライン化によって無くなっていくと思われます。というのも、タイムライン化後は

「いいね!」ボタンがトップページにしか表示されない上に、
「企業へのメッセージ」や後で解説する「友達のアクティビティ」など全ての機能が
「いいね!」の有無に関わらず全て使えるからです。

例えアプリ本体にそういう仕組みを入れた所で、ユーザーからすろとボタンを「押す」という行為にナンセンスを感じてしまう恐れがあるからです。

となるとカバー画像でいろいろと宣伝したくなるけど…

以下Facebookの定めたカバー写真についての規定です。

★禁止事項
価格情報の掲載(40%割引!とか)
購入情報の掲載(こちらからダウンロードしてください!とか)
連絡先情報の掲載(URL、メールアドレスなど)
ユーザへの行為を促すものの掲載(いいね!して、とか、シェアして、とか)
行為の呼びかけの掲載(今すぐゲット!とか、友達に教える!とか)
カバー画像のデザインは、プロモーション、広告、クーポンみたいなのはダメ。

★推奨
商品画像
あなた自身の写真
社員たちの写真
コンセプトイメージ画像
など。
tweetpages.comより 久世 宏明 (Ason)翻訳

つまりこの仕様変更でFacebookが言いたいのは、「宣伝目的じゃなくもっと本質を捉えたプロモーションをしてね!」ということ。
インパクトの在るビジュアルをデザインしてユーザーの心をつかみましょう!

 

◆タイムラインの仕様

◇デフォルトは「ハイライト」から変更できません。

ここがプロモーションしていく上でとっても重要な部分です!!

実はこの「ハイライト」、自分たちが投稿した情報以外にも、ページについて友達の誰かが投稿してたら、その投稿もタイムラインに表示される仕様なんです。
しかもその友達が「いいね!」してなくてもここに表示されるので、「いいね!」の有無関係なくなり、

ふにゃふにゃした図で申し訳ない感じですが、この図の場合、AさんBさんCさんDさんは友達です。もしBさんがコカコーラについて自分のウォールに投稿していたら、ACDさんがコカコーラのFacebookページを見たときにBさんの投稿が評されるようになっています。

そのため、自分達の投稿だけユーザーに見せたい!と言ってもそれは
仕様的に不可能になります。
診断アプリなんかはウォールに自動投稿するしくみが殆どですが、もし自分の友達の多くが同じ診断アプリをしてたとして、いざ本元のFacebookページを見に行ったら診断系の投稿で埋まってる・・・なんて事に・・・?(確認中ですが可能性大です)

また、デフォルト設定で、自然と優先度の高い投稿が上になって表示されますので、時系列が大事!というプロモではちょっとやりにくくなってしまいそうです。

 

◆タブは→アプリへと変わります

いつも左側にあったタブメニュー。

それが無くなり、カバー写真下に格納される事になります。

一列目のみがデフォルトで表示され、下2段目以降は右側にある矢印をクリックすると開く仕組みです。タブメニューだった時よりも少々見つけにくくなりますので、以降で説明するスターなどの機能を使ってエッジランクを上げる工夫をした方がよさそうです。

 

◆スターとピンボックス、そしてマイルストーン

簡単にプロモに使える機能です。

 

◇スター(ハイライト)

投稿を目立たせる事が出来ます。下はヴィトンさんのタイムラインで設定されていたスターです。投稿の中でも目立たせたいものの横幅をぐいーんと広げて目立たせる事が出来ます。いくつでも設定可能です。

◇ピンボックス

7日間投稿を一つだけ、タイムラインの一番先頭に固定する事が出来ます。
一番目立たせたい情報、例えばイベント情報や新製品の情報などを固定しておくのがオススメです。

◇マイルストーン

大事な出来事、という部分から投稿します。

旗印が大事な投稿のマークです。
スター(ハイライト)と似ていますが、大事な投稿の多くは「会社創設」「移転」など、特に大きな出来事に設定する場合が多いようです。
仮に映画のプロモーションに使うのであれば、「公開日」位はマイルストーンしてもいいかな?

 

◆まとめ

より効率よく、エッジランクをコントロールことが大事!!


・一番重要な投稿はピンボックスで目立たせてみる。
・目立たせたい投稿はスター(ハイライト)を使う。
・アプリへの誘導は多角的に。タイムラインに頼らない誘導の考えを持つ。
・タイムラインには友達の投稿も表示される事を頭の隅に入れておく。

o(U・ω・)<色んな所で言われてるけど、
      エッジランクを効果的に上げるには本質を伝える事が大事。
      企業として言いたい事はコレ!皆との側面はこんな雰囲気!=今の私達です!
      そんな感じになるのだと思います。
 

プロモ担当が知っておくべき新Facebook 10個のポイント
新しいFacebookページのサイズ一覧
こちらの記事もよろしくお願いします!

Leave a Reply